光と影を意識する

NGなメイク

目力という言葉がよく使われるようになっていますが、目の表情を良くしようと思っても誰もがみんな同じようなことをすればいいというわけではありません。
年齢や目の形、二重と一重によっても適しているメイクが違ってきますので、それらのことを考えてメイクすべきです。

たとえばブラウン系のアイメイクを行うときは、自然な色だからといって安心して、長さがあるだけのメイクでは目元がくぼんで見えてしまい、ましてやダマになってはせっかくのメイクが悪印象を与えるだけになってしまいます。

明るさを意識してメリハリをつける

上記のような単調なメイクにならないようにするためにも、目元は以下のようなメイクを心がけると良いです。

まずブラウンシャドウの場合は目の中央から外側にメイクし、完了したら外から内側へと綿棒でぼかします。
仕上げのぼかすというのがポイントであり、目尻に近いほど濃くなるようにしてグラデーションに仕上げます。
こうすることで目元がはっきりとしたメイクになります。

ホワイトパールシャドウを使う場合は、目頭の方を重点的にメイクします。
メイクするときは、少量乗せる感じで心がけ、パールとホワイトが若干映えるぐらいにするのが一番良いです。
目尻にハイライトを作ることで目のくぼみを目立たなくする効果があります。

マスカラを使ったボリュームアップメイク

マスカラを塗るときは、慣れない人ではダマになったりして上手く塗れないことも多いかもしれませんが、以下のようにするとボリュームを持たせたメイクになります。
種類も色々とあり、どれを買えばいいのかとわからないようなこともあるかもしれませんが、どのようなマスカラを使っても、基本的に以下のようにするとボリュームを持たせることが出来ます。
もしもアイマスクで目元がくぼんだ感じに見えてしまうと言うときは、マスカラを使ってボリュームを出すのも一つの方法です。

ロングマスカラの場合は、まつげの根元から毛先に向かって、さっと塗る感じでマスカラを乗せます。
マスカラを横に振りすぎるとダマになる原因となるので、素早くさっと塗るのがポイントです。
何度も横に振ったりするとダマになるので気をつけましょう。

ボリュームマスカラを使う場合は、片手でまぶたを持ち上げて、まつげの根元からますからを横に振って塗っていきます。
ボリューム感が出ると、マスカラだけでアイラインの代わりになるほどインパクトがあります。
長いまつげだけでは出せないような深みを持たせることが出来ます。

仕上げとしてはマスカラを縦に塗っていき、まぶたを片手で持ち上げ、下から上にさっと軽くマスカラを塗ります。
この仕上げを行うことによって、まつげが下がらないようになり、とても効果的です。