つけまつげで二重に

二重まぶたは永遠の憧れ?

一重まぶたの女性は、必ず一度は二重まぶたに憧れたことがあるのではないでしょうか。
パッチリした二重は女性の永遠の憧れといっても過言ではありません。

しかし二重まぶたにするには、プチ整形となると費用と勇気が必要です。
アイプチを使ってみたけれど、うまく二重まぶたがつくれなかったという方も多い様子。
そこでもうひとつ、「つけまつげで二重まぶた」にできる方法があるのをご存知ですか?

最近はまつ毛エクステも普及していますが、まだまだつけまつげ人口は多いです。
このつけまつげを使って手軽に二重まぶたを作れれば、長いふさふさまつ毛と二重まぶたが両方手に入ってしまうのです。

つけまつげを使った二重まぶたの作り方

用意するものは、基本のアイメイクまでのメイク道具とアイプチののり、そしてつけまつげとつけまつげ専用のグルーです。

まずは、普段通りアイシャドウまでのアイメイクを行います。
ここで上まぶたの際にアイラインを入れる人もいるようですが、つけまつげの場合はまつ毛のついているところがラインのようになっていますので、必要ないかもしれません。

そして、つけまつげにグルーをつけます。
先ほど「専用のグルー」が必要だと書きましたが、アイプチののりに慣れているのであれば、グルーではなくアイプチをつけまつげにつけてもOKです。

その後、まぶたにもアイプチをつけます。
これはアイプチで二重にする要領でつけてください。
のりが少し乾いた状態でつけるのがポイントです。
のりを塗布してすぐだと、しっかりとまぶたとまつ毛に密着しません。

双方に付け終えたら、自まつげの生え際の本の少しだけ上あたりにつけまつげを乗せます。
これが二重まぶたをつくる一番重要なポイントですので、場所がよくわからない人はいろいろな場所を何度も試して、ベストポジションを見つけてください。

密着させたらドライヤーの冷風やうちわなどでまぶたに風をあて、のりを乾かしたら完成です。

ポイント

人によってまぶたについているシワやまぶたの弾力などが違いますので、その人によって二重のできるラインは違います。
一般的にはまつ毛の生え際の少し上だといわれていますが、もしそれでうまくいかない場合には、もう少し上げたり下げたりして調節してみてください。

また体調によっても二重になるラインが異なる人がいるようですので、この場合も臨機応変に対応して、その日に応じた二重をつくってみて。
毎日続けることで、二重のクセがついて二重まぶたになったという人もいますので、ぜひ整形なしで二重まぶたを手に入れてましょう。