まゆげが大事

メイクの中でもより印象を変えることができるのが、まゆ毛なのではないかと思います。

まゆ毛はその人の雰囲気を大きく左右しますので、ぜひ手を抜かずに真剣にメイクしたいパーツです。
眉山をしっかりと上げてメイクをすれば、意思の強い印象を与えることができますし、まっすぐにすれば知的かつ温和な印象に、少し垂れた感じに仕上げれば、よりおっとりした印象を与えることができます。

もともともまゆ毛の形も大きく関係しますので、いつでも自在にまゆ毛をメイクするということは難しいかもしれませんが、ちょっと太くしてみたり、細くシャープにしてみることで、いつもと違う自分を楽しむことができますので、いろいろなまゆ毛メイクにチャレンジしてみましょう。

まゆ毛の理想的な書き方は、まゆ毛を上に上げてみたときに、一番上がったところを眉山に設定します。
そして、眉尻は目尻を少しだけ覆うような感じで伸ばしていくと、一番バランスのよいまゆ毛に仕上がるようです。
特に眉山については、不自然な位置だとメイク全体がとても不自然になってしまいますので、必ず死守したいところ。
眉尻についてはその他のメイクの関係などもあると思うので、臨機応変でもよいと思います。

まゆ毛のムダ毛を手入れするという方も多いかと思いますが、まゆ毛を手入れするときは、まぶたの上など「本当に生えてこなくてもいい」ところ以外は、絶対に抜かないようにしましょう。
お手入れをするときは剃って手入れをすることが望ましいです。

抜いていると、そのうち生えてこなくなってしまいます。
今はよくても、将来極太のまゆ毛が流行ったときに、もうまゆ毛が戻ってこないなんていうことにならないように、まゆ毛の形をつくっている部分については、カミソリなどでお手入れしてください。

まゆ毛が落ちてきてしまうという方は、「まゆマスカラ」を使うのもおすすめです。
まゆマスカラは、その名の通りまゆ毛に使うマスカラなのですが、髪色に合わせて眉毛の色を明るくすることができますし、まゆ毛が下に落ちてくることを防げるので、しょぼくれた印象になりません。

まゆ毛の形づくりなどもすごく悩まれるかと思いますが、どうしてもうまくいかないというときは、百貨店のコスメ売り場でBAさんに相談してみるというのもひとつの手です。
まゆ毛の書き方や形などについて丁寧にアドバイスしていただけますので、ぜひ一度訪れてみるとよいでしょう。
つい勧められるがままに商品を購入しないようご注意くださいね。