生理中のむくみ対策

女性ホルモンのバランスが乱れる時期のむくみ

生理前や生理中は、妙に顔がむくんでしまうという人は多いですよね。
これは、生理中や生理前など、通常のホルモンバランスに変化が起きているときに、体が水分を溜め込もうとすることから起こります。

よってある程度のむくみは仕方がないともいえますが、予防や対策をしっかりとることでむくみを軽減させることができますので、ぜひ月に1回の「むくみ対策期間」を設けて、むくみ知らずの毎日を送りましょう。

マッサージでむくみ改善

むくみやすいかな、と思ったときには、マッサージをして体のめぐりをよくすることで、むくみを予防・改善することができます。
生理中はリンパの流れも滞り気味になり、これがむくみの原因となることもありますので、少しむくみを感じたら、セルフリンパマッサージをしてみてください。

顔のむくみがい気になる人は、目の骨の周りや耳の後ろ、耳の付け根などを流すようにやさしくマッサージします。
首のリンパが詰まると顔がむくみやすくなりますので、首のリンパマッサージも効果的です。

マッサージの後は、温冷パックで顔を引き締めます。
冷水で顔をしっかりと洗ったあとに、温タオルををむくみが気になるところに乗せてしばらくおきます。
その後また冷水で顔を洗い、また温タオルを乗せる、ということを繰り返していると、しばらくしたらむくみが改善されますのでぜひお試しを。
多少手間はかかりますが、費用もかからず効果も高いのでおすすめです。

利尿作用の高い飲み物や食べ物を摂る

生理中は体が水分を溜め込もうとするため、尿の回数も減ってしまいます。
そこで、デトックス効果の高い飲み物や食べ物を積極的にいただくことで、むくみを予防しましょう。

コーヒーや緑茶は利尿作用が高いといわれていますので、積極的にいただくようにするとよいですね。
ただこれらの飲み物はカフェインが強いので、夜寝る前などは避けたほうがよいようです。
ハーブティーは利尿作用が高い上に、リラックス効果もありPMSなどの軽減も期待できます。
ミントティーはデトックス効果が高いといわれているのでおすすめです。

そのほかトマトやスイカなどの利尿効果が高い野菜をいただくのもおすすめ。
体を冷やし過ぎないように、冷蔵庫で保管していた場合は常温に戻してからいただくのがポイントです。
そのほか、体を冷やすとむくみにつながりやすいので、しょうがなど体を温める食材をいただくことで、むくみ予防に繋がります。